スポンサーリンク

ウエンツ瑛士さん…「病気知らず」の生活習慣は祖父母のおかげ 30代で人見知りを脱却

 

 幼い頃にモデルとして芸能活動をスタートし、端正な顔立ちと礼儀正しく柔らかな物腰で人気を集めてきたウエンツ瑛士さん。現在は、俳優としてテレビや舞台、映画で幅広く活躍しています。時事に関するコメントを求められたり、司会として番組の進行を担ったりする機会も増えてきました。
 
 忙しい中での、ご家族や友人との関係や仕事との向き合い方、体調管理法などをお聞きしました。(聞き手・飯田祐子)

ウエンツ瑛士さん…「病気知らず」の生活習慣は祖父母のおかげ 30代で人見知りを脱却
スポンサーリンク

ウエンツ瑛士さん(撮影・高梨義之)

放課後は祖父母の家で過ごした子ども時代

――バラエティー番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)を始め、レギュラー番組をいくつも抱え、テレビで姿を見ない日はないくらいです。多忙で体調を崩したりすることはありませんか?

 おかげさまで、ここ数年は病気らしい病気をしてないんです。この冬はインフルエンザが大流行したようですが、僕はインフルエンザどころか風邪もひきませんでした。丈夫に生んでもらったんだなと、感謝しています。

 外から帰ったら必ず手を洗うとか、そういう習慣が小さい時から身についているおかげもあるかもしれません。うちは両親が共働きだったので、子どもの頃は、学校から帰ると近くに住む祖父母の家で過ごしました。祖父も祖母も決して厳しい人ではありませんでしたが、そうした生活習慣や礼儀はしっかりと教えられました。

 親に注意されたら「うるさいな」と思うようなことでも、おばあちゃんに言われたら、素直に聞くことができます。そうして身についた様々なことが、大人になってから役立っていると感じますね。本当にありがたいです。

平野美宇選手と出会って得た「人生の糧」

――ご家族とは、どんなふうに連絡を取っているのですか?

 祖父は4年ほど前に亡くなり、祖母とも頻繁に連絡し合うわけではないのですが、僕の出る番組を楽しみにしてくれているようです。自分で録画するのは苦手なので、母が僕の出演シーンを集めたオリジナルDVDを作って渡しているようです。

 母からは、よくLINEでメッセージが送られてきます。「この女優さん、きれいだね」なんて言ってくるのですが、「俺、その人と共演したことないし。友達でもないし」なんてことも多くて、返事に困ってしまいます。

 母も僕もスポーツを見るのが好きなので、時々、バスケットボールやバレーボールなどの観戦に誘います。先日も、全日本卓球選手権大会を一緒に見に行きました。

――卓球ですか。なかなかマニアックですね。

 いま、卓球の人気がすごいんですよ。なかなかチケットが取れないんです。僕は、テレビ番組で、平野美宇選手を密着取材したのがご縁になりました。

 そのロケの間に、平野選手といろいろな話をさせてもらって、「こんなに若いのに、なんて立派なんだ」と、感銘を受けたんです。トップアスリートとしての自覚を持ち、自分を律しながら、プレッシャーに耐えて結果を出す。32歳の僕が、自分のやっと半分くらいの年月を生きただけの平野選手に、これからの人生の糧となるものをもらったような気がしました。

 
ウエンツ瑛士さん…「病気知らず」の生活習慣は祖父母のおかげ 30代で人見知りを脱却

ウエンツ瑛士さん(撮影・高梨義之)

グルメの「わらしべ長者」で名店リストが充実

――私は、NHKの子ども番組に出演していた小学生のウエンツさんの印象が強く、32歳になったと聞いて、年月の流れと成長を実感しました。30代になって、変わったことはありますか?

 僕は極度の人見知りだったのですが、最近は少し変わって、食事に行った店のシェフと仲良くなったり。そこで、他のおいしい店の情報を教えてもらえるようになりました。

 教えてもらって行った先で、「今度は、この店に行ってみたら」って、別の店を紹介してもらうんです。そうやって数珠つなぎになって、お店の開拓がどんどん進んでいます。

――あはは、何だか「わらしべ長者」のようですね。

 自分で意識して情報を聞き出そうとしているわけじゃないんですが、自然と教えてもらえるようになりました。そのうち最初のお店に戻ったりして、「最近来ない」とか言われちゃうんですよ。

 「これ以上うまいものはないな」なんて思っても、その後にもっとうまいものが、わりとすぐに出てくる。この世には、いくらでもおいしいものがあるんだな、と思います。

ウエンツ瑛士さん…「病気知らず」の生活習慣は祖父母のおかげ 30代で人見知りを脱却

ウエンツ瑛士さん(撮影・高梨義之)

舞台では全身を見られていると意識

――4月には、出演するミュージカル「リトル・ナイト・ミュージック」が始まります。風間杜夫さん演じる弁護士の息子で、自分より若い義母に恋心を抱く役だそうですね。

 台本を読んで、素直に面白いと思いました。僕が演じるのは、作品のスパイスになるような役どころ。作品全体の感想としては「楽しい」ですが、この役を通して作品に入ることは、単純に楽しいとはいえないかもしれないな……なんて思っています。

――舞台は、テレビや映画とはどう違いますか。

 客席に観客が入って初めて本当に完成する、というところが、映像とは違うと思います。もちろん、幕が開くまでにしっかりと稽古して仕上げておくんですけど、そこにお客さんが入ってくると、また変わるんですよね。

――お客さんの反応や会場の雰囲気もひっくるめて、一つの作品なんでしょうね。そういう意味では、舞台は「生き物」なのかもしれませんね。

 そうなんです。どうしても日によって違ってくるんですよ。毎日、違うお客さんが来るわけですし、その日の天候によっても、客席のテンションが変わってくる。お客さんにのせてもらって、演じさせてもらっているな、とも感じます。

――舞台でよい演技をするために、心がけていることなどはありますか。

 ドラマや映画は、強調したいところをクローズアップしたり、逆に、見せる必要のない部分をカットしたりできますが、舞台ではそれができません。自分がしゃべっている時でなくても、ずっと見られているわけですから、頭のてっぺんから爪先まで、全身がどう見えているかを常に考えています。

 特にミュージカルって、海外の作品をやることが多いですよね。立ち方や体の動かし方一つをとっても、役に合わせて作り込んでいく必要があるんです。今回は、弁護士の息子という役ですから、そういう人物にふさわしい身のこなしや姿勢を意識しています。

 
長年続けたダンスが演技の助けに

――思い通りに見せられる体作りの秘訣(ひけつ)を教えて下さい。

 長年続けているダンスのレッスンが、とても役立っています。ダンスにも様々なジャンルがありますが、それぞれの体の動かし方がよく分かるように教えてくれる先生に巡り合うことができました。だいたい週3回くらいのペースで通っています。さぼってしまうと、思うような動きができなくなり、自分がつらくなるんですよね。

――常にやり続けることで、よい状態をキープできているのですね。

 仕事では、同じようにやっている方が周りにいくらでもいるので。例えば、今回、共演する安蘭けいさんなんて、宝塚でそれを週7でやってきたわけですよ。そういう方々と並んだ時に、「週3でも足りない」と思います。

ウエンツ瑛士さん…「病気知らず」の生活習慣は祖父母のおかげ 30代で人見知りを脱却

ウエンツ瑛士さん(撮影・高梨義之)

健康のコツは「違和感」を信じること

――他に、体調管理のために気をつけていることはありますか?

 「違和感」を無視しないようにしています。「なんだか風邪ひきそう」とか、「これ以上頑張ると、ダウンしそう」とか、そういう予感です。

 そういう時は、仕事でもプライベートでも、ちょっと休むようにしています。まだまだ全力でやれちゃうような時でも、あえて少し力を抜く。テレビの収録だったら、しゃべる量をちょっと抑えるとか(笑)。

 それって、実は勇気がいるんですよ。でも、違和感を信じて自分なりに調整するようになってからは、体調面のトラブルは、ほとんどありません。

――よい仕事をするには、心の健康も大切です。オンとオフを切り替える気分転換法は。

 「気分転換したい!」と思ったことがないんですよね。休みの日でも早く起きて、普段と同じようなリズムで過ごしています。寝坊してたっぷり睡眠をとったら、気持ちが落ち着かなくなってしまう。「せっかくの休日が、もう半分しかない」というもったいなさというか、罪悪感がストレスになってしまうんです。

高校の仲間と家族ぐるみの付き合い

――早起きなのですか? 芸能界の方としては珍しいのでは。

 ミュージカルでは、朝一番でレッスンが入ることも結構あるんですよ。だから、むしろ夜遅くまで起きている方がつらくて。早寝早起きが、自分には合ってるようです。

 仲のいい高校時代からの友達がみんな会社勤めなので、彼らと遊ぼうと思ったら、ちゃんと朝起きて夜寝ないと。

――昔からのお友達を大切にしているんですね。

 芸能界の方々とは仕事でお目にかかれるので、時間があるときは学生時代の仲間と会うようにしています。

 マンションでは、ベランダでレモンを育てて、収穫した実でレモンサワーを作ってみんなで飲んだり。結婚して子どもがいるヤツもいて、家族ぐるみの付き合いです。

 僕、人生の中で「仕事が全て」とは考えていないんです。仕事以外の生活も大切にしながら、喜びや楽しみを見つけていけたらいいな、と思っています。

うえんつ・えいじ

 1985年、ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれる。東京出身。89年に4歳でモデルとしてデビュー。95年からNHK教育テレビの子ども向け番組「天才てれびくん」にレギュラー出演し、愛らしい容貌で注目される。日大桜丘高校在学中に小池徹平さんとデュオ「WaT」を結成、2016年の解散後は、ソロで活動。映画「ゲゲゲの鬼太郎」(07年公開)主演など、映画、テレビ、舞台に出演多数。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00010000-yomidr-ent&p=3

スポンサーリンク


ウエンツ瑛士
おじいさんおばあさんに小さい頃から礼儀や生活習慣をきちんと教えてもらってよかったし、その事に感謝しているのもいい。親や祖父母の方が教えていくことは子どもにとって本当に大事なことと思う。

ウエンツ瑛士
私はウエンツは好きです。ただ、何故鬼太郎役が彼になったのか謎です。

ウエンツ瑛士
確かにあれは失敗だったと思う

ウエンツ瑛士
あれはあれで、そんなに悪くなかったと思う。

ウエンツ瑛士
当時、10代から20代前半の若い男性俳優がジャニーズ以外で少なかった気がするから、そういう事情もあるのでは。
あの時代に活躍してた、ウエンツと同い年〜歳下の男性俳優って、あまり思いつかないし(神木隆之介とか、あの鬼太郎をやるにも歳下すぎたのは除く)。

ウエンツ瑛士
85年生まれ前後、非ジャニーズで、当時売れてたのって、ウエンツか相方の小池徹平、あとは斎藤兄弟くらい?
少し上だと山田孝之や小栗旬がいるけど。
あの世代、女優は多いのに、男優はKAT-TUNやNEWSと言われてみるとジャニーズが多かったのですね。

暁櫻華
鬼太郎よりもタイガーマスクの方が謎。

ウエンツ瑛士
作者の水木しげるさんに
「ウェンツ君は、鬼太郎にしてみれば、イケメン過ぎる」
「なので、作品としては60点」
って言われた事があるそうです。

きっと・おそらく・たぶん
鋼の錬金術師をやるのにも鋼の心が必要だったように
ウエンツもまた・・・

ウエンツ瑛士
鬼太郎は無し!鬼太郎にしてはイケメンすぎるし、ハーフだし、世界観とあってない。もっと日本人的な顔で、ブサイクな人が良かった!

ウエンツ瑛士
卓球観戦は、フジ「ワイドナショー」でも、言ってた。準々決勝か、それぐらいのころを観戦して、試合を一度に、いっぱいみれるから、お勧めだと・・・・
 日テレ「行列のできる法律相談所」で、MC中居さんが、ちょっかい出して、ウエンツさんが、いやがるという、掛け合いは、おもしろかった。
 ミーュジカルは、ライフワークにしていきたいようで、ボイトレとか通っている。
 健康じゃないと、テレビ・舞台は、つとまらないからね。

ウエンツ瑛士
芸能界になんでハーフが多いか知ってる?笑

ウエンツ瑛士
中居くんが出てきたときのウエンツの嫌がり具合、面白かったですよね(笑)
火曜サプライズとか観てても違和感なくスムーズに面白い(笑)

ウエンツ瑛士
↑ 何で?

sum
なぜミュージカルが打てない?

ウエンツ瑛士
なぜミュージカルが打てない?
↑うけたwww

コメントを書く都会の駱駝
火曜サプライズを見てても良く思うが
本当にコミュニケーション能力が長けてると思う。
どんなゲストに対しても相手を笑顔にさせるような話術、対応が素晴らしい。

kirico
WaTの頃はアイドル売りのような感じでバラエティでも小池徹平くんの方が人気があってチヤホヤされて瑛ちゃんは扱いが悪いみたいなポジションだったけど、どんなにいじられても的確に笑いに変えて反応も早く空気も読める。
この人は息の長いタレントになると確信してました。
今の活躍が嬉しいですね。

ウエンツ瑛士
彼がお笑い色が強くなったのは、若い頃に「踊るさんま御殿」に出演して
「俺、今痔なんですよね」
って言った事がきっかけらしい。

ウエンツ瑛士
この子はいいな
明るくて明朗で
グッドです

ISYU
子役から今まで芸能界で生き残る、しかも第一線でって相当凄いことですよね。どれだけの人が調子に乗ったりなんだり消えていったことか…
ご両親や祖父母に、礼儀だったり世間一般常識だったり色々な術を普通に生活しながらも教えられたのでしょうね!多分ウエンツさんは、自分の事よりも相手を気遣うことの出来る方なのだ思います。その教えから、自ら経験してきた事も合わさりより良い方向へ常に成長してきたのだと思います。良識あるじいばあなら、大体言ってること間違いないですからね。私もその口ですが、人間力やそう言うのって、自分の経験からなるものもあるけど、その基盤などは家族からの教えってあると思うんです。それを兼ね備えてるから今があるのだと強く感じますね。

ウエンツ瑛士
芸歴30年越えてるんだっけ?

ウエンツ瑛士
単純に、大人になってもビジュアルが良い、って所もポイント高いと思う。
子役って、成長ってより劣化する人が多いから。

コメントを書く.
分かりやすく、綺麗な言葉使いで人に伝えることができるから仕事のオファーが絶えないんだなとこの記事で改めてわかりました

たまご
同世代で天てれ戦士の頃から知ってますが、まさかこんなに活躍するなんて。笑
人見知りを脱却なんてすごく努力と勇気がいること。今の位置に来るまでコツコツ頑張ったんだろうな。尊敬します。

ウエンツ瑛士
祖父母様のおかげもあるでしょうけど、まだまだお若いから病気知らずなのでしょう 健康第一これからもがんばってください^^v

ウエンツ瑛士
テレビで拝見してますが、どんなメンバーともうまく空気を合わせて発言も常識的で、でも真面目すぎなくて爽やか。落ち着いてるし観ていてとても好感持てる方だなぁと思っていました。
このインタビューの受け答えもとてもしっかりしてる。
育ちが良いってこういうこと。
人ってみんな感性があるんだし、放任されると自分の興味に偏りがちになってしまうが、子育てや教育で普通を教える事ってとても大切な事だと思います。ご両親とご祖父母の信念と優しい姿が目に浮かびました。

ウエンツ瑛士
「親に注意されたら『うるさいな』と思うようなことでも、おばあちゃんに言われたら、素直に聞くことができます」
ただ甘いだけじゃないおばあちゃんだったのは、よかったですね。

ウエンツ瑛士
学び続けているのはスゴいね。見直しました。週3は無理でも何か始めてみようかな。先生から習うっていうの大事なんでしょうね。

ウエンツ瑛士
やっぱり、手洗いうがいって基本なんだよね。
つり革手すりやマスクに気を遣う以前にすることしてない人が多すぎる。

ウエンツ瑛士
てれび戦士は番組企画で歌、ダンス、ミュージカルでNHKホールに立つ、ドラマ、視聴者との触れ合い、生放送等など、様々な経験を積む。
彼も5年間てれび戦士として活動し、その経験がベースになっているんだと思う。

ウエンツ瑛士
ウエンツのおばあちゃん
千葉県の某市で
写真撮影用着衣の着付け仕事をしていましたよ。
まだウエンツの知名度は低かったのですが、嬉しそうに話されていました。
私も嫁と結婚記念の写真を撮りに行ったのですが、当時嫁は妊娠8ヶ月で着れるドレスも限られていたのですが、めちゃくちゃ親切に対応してくれました。

ウエンツ瑛士
もっともっと若い頃からイケメン枠扱いをされそうになると、それを手探りで崩していくキャラが印象的だった。
いい友達に恵まれているからあの態度もとれたし、本人も努力家で面白い。

ウエンツ瑛士
ウエンツさん出てたら、その番組面白そうに感じる。見た目も好きだけど、バラエティとかでいじられつつも仕事をどんどん広げ、且つ無理はしていないらしいから、うらやましい。人生って、良い事も悪い事もある中で、その失敗も成功もプラスにして積み重ねて行ければ幸せだよね。完璧主義の人だと失敗は無かった事にして消してしまいたくなるけどね。ウエンツさんは前者の気がした。

ウエンツ瑛士
私より若くても、25年は働いてるんだよね。
きちんとした人だから今も活躍できているんだろう。
もはや早期リタイアしてもおかしくない芸歴だしね。

ウエンツ瑛士
理由はともかく、結婚もまだ、32才に見えない。だらしない女性関係もないけれど、有村架純さんは本とに好きそう。?人見知りな繊細さも、人を傷つけないから、見た目より、人柄が好かれる。
健康の秘訣は、用心深く、無理しなさそうな、普通の感覚のおじいちゃんとおばあちゃんから、生きていく為に大切な物を自然と教わった事も有る事と、ウエンツさんの素質も相まって今があるのだなと。手っ取り早い審美歯科ではなく、自分の歯を大事にし、矯正しながらテレビに出たり、賢い人だなあと思いました。歯並び綺麗になり、未だに小池さんとも会える関係だし。ですがwat?が、レコード大賞か、紅白?の大舞台で小池さんのギターの弦が。。あの時、ちょっと予感を感じました、結果、それぞれ活躍されている、上手く行くと思いました。

nya
30代前半で休むコツを身につけられたのは多忙ゆえでしょうか。
疲れている事にも気付かず突っ走ってしまう事が多いのですが。

ウエンツ瑛士
でもウエンツくん痔と胃下垂持ちじゃなかったっけ笑
もう治ったのかな
まあ大した病気ってわけでもないか

ウエンツ瑛士
身体の違和感を無視しないって本当に大切。
責任ある替わりの居ない仕事をやる人は尚更ですね。

ウエンツ瑛士
可愛いし礼儀正しく故に芸能界に長く働ける体もある。

ウエンツ瑛士
昔はただの子役上がりのアイドルと思ってたら大きな勘違いでした、謝ります…
火曜サプライズやスッキリでMC見てても上手い!
ゲストイジるのも立てるのも上手いし、年上の人イジっても嫌みとか偉そう感ないんだよね。

ウエンツ瑛士
どれだけ手洗いうがいをしても、体調崩してしまう人もいる
丈夫に産んでくれた親にも感謝だな

kon
いつも元気そうですね。
ホランさん

リラックマ
ウエンツさんなら、
英語があまり話せないとか前に言ってたけど
実はそんな事はなさそうに感じます…。
食べに行ったことのあるお店の人とですね
知り合いになるって、良いですよね???
僕も食べに行ったことのあるお店の人と、
仲良くなると言うのは都内にあるインド料理屋で
それを実行していて、顔馴染みのお店があり
この間、久し振りにあるお店に行ったら
ホールの担当の人だけでなくシェフも覚えていて
“1年ぶりくらいダネ〜!?元気だった??”
と。言われてしまいましたからね!?

ウエンツ瑛士
見出しの「「病気知らず」の生活習慣」は?
30代なんてほとんどは「病気知らず」w 60代だって元気な者は多い。
別にウエンツのことではないが、一般に健康オタクの若い奴らの中に、
自分は健康に気を付けてるおかげで健康なんだと思っている連中がいるのには笑える。
そういう連中が後期高齢者にでもなった時点で「病気知らず」かどうかは神のみぞ知るだw
余談だが、しょっちゅうニュースネタになる病気のリスク(統計的確率)などの倍率も胡散臭い。
そもそもランダム化比較試験であれ因果関係が問題なのだが、それは横に措いて、
たとえば、1万人に100人と1万人に200人の比較では倍率(リスク)は2倍。
ニュースではこの2倍だけが大きな見出しになるが、
記事本文でもこの1万人に100人とか200人とかの数字はまず載っていない。
まぁこういう数字を載せると、大した違いじゃないというのがバレバレになるからねw

ウエンツ瑛士
テレビでみる分には悪印象はないんだけど、洋画で声優したときは最悪だった。

ウエンツ瑛士
中野ジパング基盤チェックお願いします

*
野球も見ればいいと思う。

髑髏天使
ウエンツ瑛士は嫌いじゃないけど、
MCの番組では回しは上手い方ではない!
どちらかと言えばロケで
一人、二人のゲストを相手にしている方がよく似合う!

fghjk、mnbv
嫌いでは決してないけどスッキリで火曜コメンテーターやってるのは納得いかない。
あくまでもバラエティ向きであって報道系みたいなコメントになると薄っぺらすぎてこっちが恥ずかしくなる。
まあ今はどの番組にも一人は「なんでこんなコメントしかできない人がコメンテーター?」っていうのが必ずいる時代だけど。

ウエンツ瑛士
ずっと前の大河ドラマ、利家とまつで森蘭丸をしてた頃が懐かしいです。華奢な美少年役で反町信長の家臣役が似合ってました。私の中では彼が森蘭丸のイメージです

光と影
ホランと被る。

ウエンツ瑛士
兄弟か親戚と思ってました。 よう似てる。

ウエンツ瑛士
うーんこういう方見ると、やっぱり家庭での育て方ってのが
重要なんだなーと思うねえ。 厳しくも緩くもなく、普通に育てたんだろうが、要所はピシっと押さえてという感じかな
売れっ子なのに、浮つかず気取る事無く謙虚に普通に過ごしてるーいいね!

ウエンツ瑛士
か、かわいい。。。

ウエンツ瑛士
ウェンツさんは確か”痔主”だったような

ウエンツ瑛士
治ったとか。

B4
長嶋一茂の時に株を下げちゃった感がある。。
相手がそれ以上のいじりを嫌がってるのを見抜けないなら「いじめ」なのだが、あれは当人がいじられキャラにも徹せるから強引に行ったのかもしれんって良心的な解釈もあるか。まあでも印象は良くないから二度とそういう素材調理の仕方はしないほうがええね。てかこの子は焦り屋なのか?

ウエンツ瑛士
ちょっと何言ってるのかわかりません。

ウエンツ瑛士
卓球はもうすこし近くで見れたら生観戦も楽しいかもだけど、競技スペースの割に会場広すぎる気が…。

ウエンツ瑛士
桜ヶ丘行って何で日大行かなかったの?

ウエンツ瑛士
確かに、自慢ばかりしたり、偉そうにしたり、気配りの無いタレントに比べて、人間的には出来たタレントですもんね。両親や祖父母の育て方の賜物でしょう ね。いつまでも、有名人はそうあるべきを貫いて下さい・・・それから、薬物と交通違反と暴力・浮気はしないようにね!!!

ウエンツ瑛士
良きを集め、悪しきを捨てる。
シンプル

ウエンツ瑛士
芸能界の交流も多くて元気な印象だよね。
ずっと前から芸能活動してるし若手とも親しくしているから今回32歳と知ってへぇ〜って感じ。

ウエンツ瑛士
大きな器と愛情でずっと包んでくれたなぁ。お茶と、おせんべと、時代劇の最強の三本柱も思い出だなぁ。近所のお年寄りからは会うたびに「偉いね〜」と言ってくれたり。(実際は学校をさぼったりしてた、、)本当に感謝です。

ひとこと言う太郎
ホラン千秋に似てる!

ウエンツ瑛士
30代で病気知らずって普通じゃね?
80〜90代でっていうならすごいと思うけど

ウエンツ瑛士
私、30代、40代はほとんど病院にかかりませんでした。
1年間健康保険を使わなかったからということで市から粗品が送られてきたことがあるけど、税金無駄にしないでよと言って返した。

ウエンツ瑛士
ウエンツさんバラエティなどでよく見かけますが、大物の先輩の方々にいじられながらも、可愛がられているのが見ていてよく分かります。礼儀正しく謙虚である事、ほんとに大切だと思います。

ウエンツ瑛士
中居くんと同じ匂いがする..

ウエンツ瑛士
風邪やインフルエンザに罹らないくらい普通だろ。

ウエンツ瑛士
古市にハーフは短命だと面と向かって言われたウエンツ瑛士。
古市は失礼な奴。

ウエンツ瑛士
その年で病気してないのは普通だろ?
感謝するのはいいことだけど

ウエンツ瑛士
こいつ、なんか苦手

_(┐「ε:)_
今でも尊敬する人は方正さんなんでしょうか?

せっ(`_´)ゞ
華は無いけどね

ウエンツ瑛士
消えそうで消えないハーフタレント

ウエンツ瑛士
まだ若いくせに何が病気知らずじゃ

ウエンツ瑛士
こんなのを人見知りって言うかよ。

Vio30
病気しない人は、最後にまとめて大病するらしいな。

ウエンツ瑛士
病気しない人は診察を受けないから病気が見逃されているのでしょうね。
普段から風邪や体調不良で受診する人は定期検診とメンテナンスをしているような感じになるのでしょう。

ウエンツ瑛士
私は個人的に彼のあざとい感じがあまり好きじゃない。
大物にないたい願望が目に見える。

溝の口の女王
どうして、残り続けてるのかしら?
平成のヒデちゃんね

ウエンツ瑛士
この方、華やかさに欠けるかと。

ホラ吹き
よくできた人だ。

ウエンツ瑛士
30代なら病気知らずでも普通だろ。何の自慢にもならねーわ。

ウエンツ瑛士
私はウエンツ好きではありません。
 
特に面白くもなくDAIGOの足を引っ張ってるに
すぎずウザい感じです。

ウエンツ瑛士
核家族じゃないことの良さに改めて気付けた。

ウエンツ瑛士
頭の弱い子は、体が丈夫…。

tja
火曜サプライズは、
あまり上手くない。
下手くそ。
見ててイライラする。

ウエンツ瑛士
こいつ何がある?何でTV出てくるん?

ウエンツ瑛士
鬼太郎

…-@
呪いの余波は、少なからずあっただろう。
それを回避する。または、ダメージを軽く
するにしろ、健康体であるなら、力の働きが
あっての事。

gfdf
この人はたまに断食してるね。
だから調子良いんだよ!

ウエンツ瑛士
どうも、この人好きになれない。
ファンの方御免なさい。
バカンツが出る番組スルーしてしまいます。

ウエンツ瑛士
いや、性病持ちだろ?

ちょっと一言、言わせてもらいます。
白髪が目立ってきましたよ。
きちんと髪の毛にも気を払ってください。

ウエンツ瑛士
ウェンツって痔持ちでしょ?さんま御殿で浣腸の痔薬を持ち歩いているのを見せびらかしていたじゃん…

c
口先だけの男
軽い、心根が悪そう
見たくない

うらりたろう
この人、上にゴマスリ下に偉そうな態度が嫌いです。

ウエンツ瑛士
自分が子供時代から仕事をしているからといって、年上を侮辱するクズだろ。
社会の中の演芸業界だと自覚しろ。

ウエンツ瑛士
この若ハゲ〜!!

ウエンツ瑛士
爆笑問題に取り入ってるだけだろ。

ウエンツ瑛士
本人は大丈夫と思っても一度は、しっかり診察を受けた方が宜しいですよ、おすすめは精神科など。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!