スポンサーリンク

神戸・連続児童殺傷事件21年 彩花ちゃん父「家族の絆変わらぬ」

 
神戸・連続児童殺傷事件21年 彩花ちゃん父「家族の絆変わらぬ」

山下彩花ちゃん

 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、小学4年の山下彩花ちゃん=当時(10)=が亡くなってから23日で21年となる。事件後に命の尊さを訴え続けた母京子さんは昨年6月、61歳で他界した。「私たちの心情に変わりはありません」と家族の絆を語る父賢治さん(69)。亡き妻の遺志を胸に歩む。(石川 翠)

 京子さんが亡くなった直後に「妻は本当にすごい人だった。彩花も『よく頑張ったね』と京子を褒めていると思う」と語った賢治さん。あらためて亡き妻を「誇りに思う」という。

 京子さんは娘を失った絶望の中で生と死について考えた経験を3冊の手記にまとめ出版。2000年に乳がんが発覚後も治療を続けながら、彩花ちゃんの小学校で命について考える授業を開いたり、教育・警察関係者に講演をしたりした。

 夫婦の間でも彩花ちゃんの話が尽きることはなかった。負けん気が強く、マラソンの練習に一生懸命だった姿。明るい声、愛らしい表情、さらさらの髪-。事件から20年の昨年3月、京子さんは「(彩花ちゃんの)姿形を見たいと思う気持ちは変わらないけど、魂の絆は切れることはなく、いつもそばにいてくれる」と語った。闘病の中で気力を振り絞って取材に応じ、報道各社への手記にはこうつづった。

スポンサーリンク

 「私たち家族が20年をかけて学んだのは『試練の中でこそ魂が磨かれ、人の幸せを願う深みのある優しさと、倒れても立ち上がろうとする真の強さが育まれる』ということです。家族の絆もさらに強くなりました。それらは決してお金で買うことができない宝物であり、彩花が命をかけて教えてくれたことに他なりません」

 賢治さんは「この手記が今の私の心情そのもの」と言う。事件前から地域の少年野球を指導しており「妻のような活動はできないが、自分のできることを続けたい」と静かに語った。

 加害男性は04年から山下さんに手紙を送っていたが、15年に男性の手記が出版され、山下さんは受け取りを拒否。手紙を仲介してきた弁護士によると、今年は男性から連絡がないという。

 神戸・連続児童殺傷事件 神戸市須磨区で1997年2~5月に小学生5人が襲われ、小学4年の山下彩花ちゃん=当時(10)=と小学6年の土師淳君=同(11)=が死亡した。兵庫県警は同年6月、殺人などの容疑で中学3年の少年=当時(14)=を逮捕した。少年は関東医療少年院に収容され、2005年に退院。34歳となった15年、遺族や被害者へ断りなく手記を出版し批判の声が上がった。

 
参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000002-kobenext-l28
スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!