スポンサーリンク

モト冬樹、スズメの違法飼育8か月! 通報トラブルへの「怒り」を激白

 
モト冬樹、スズメの違法飼育8か月! 通報トラブルへの「怒り」を激白
スポンサーリンク

3月初旬、都内の自宅前で直撃。車内から“チュンちゃん”への複雑な心境を語ってくれた

「モト冬樹さんがご自宅でスズメを飼っているそうなんです。でも確か、一般家庭で野鳥を飼うのは禁止されているはずなのですが……」(芸能プロ関係者)

 モト冬樹といえば、日本中の誰もが知る大御所タレントのひとり。

「’78年に高校時代のクラスメートだったグッチ裕三などとコミックバンド『ビジーフォー』を結成し、ものまねなどで人気を博しました。“ものまね四天王”にも数えられ、現在もテレビやラジオを中心に活躍中です。

 プライベートでは’10年、自身の誕生日である5月5日に一般女性と結婚しました」(芸能レポーター)

 そんな順風満帆な人生を送るモトだが、冒頭の芸能プロ関係者によれば、昨年6月24日付のブログでスズメを保護したと公表していたという。

 さらにその2日後のブログでは、役所に相談して“飼ってはいけない”と言われたことを綴っているが、スズメを野生に返すことはなかった。

《助けた子スズメの名前は妻と相談してチュンちゃんにしました(中略)相談した方の言うにはその保護した場所あたりに巣みたいのを作り もしかしたら親が見つけてエサを持ってきてくれるかもって

 おいおい それってカラスにエサを置いてくるようなもんじゃん(中略)とりあえず預かってくれるところを模索しながらチュンちゃんが元気に飛ぶことができるようになるまで妻と保護しまーす》

 確かに、生き物の命を大切にする気持ちもわかるのだが、保護してから8か月以上たった今でも、たびたびブログには“チュンちゃん”が登場している。すっかり元気そうだが、まだ手放していないことから、もはや“ペット”として飼育しているようにも見える。

 東京都環境局自然環境部 計画課森林再生係の担当者に聞いてみると、飼育はおろか、“保護行為”でさえも法律で禁じられているという。

「国が定めている『鳥獣保護管理法』により、野鳥を捕まえたり、一般家庭で飼育することは禁じられています。路上などで傷ついていた野鳥を保護すること自体も禁止されているので、そういった場合は、各都道府県の環境局などに連絡していただかなければなりません。

『鳥獣保護管理法』の中の規定で、野鳥を許可なく捕まえた場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。飼育した場合は、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる可能性があります」

 これにモトが該当する可能性もあるのだが、そもそもなぜ、野鳥の保護や飼育が禁じられているのか。

 『日本野鳥の会』自然保護室の葉山政治さんに話を聞いた。

「大前提の考え方として、スズメやハトのような野鳥は、日本の生態系を構成する重要な要素であり、国民全体のものなので、大切にしなければなりません。さらに、野生の生き物は野外で暮らすことが自然な姿であって、それを人間が捕まえて閉じ込めることは好ましくないと考えられています」

 仮にケガをした野鳥を見つけた場合は、各都道府県の担当局に連絡したあとに、鳥に関する研修を受けたボランティア団体などに預けるなどの方法があるという。

 葉山さんは、野鳥の保護や飼育に関して、こんなリスクがあると指摘する。

「野生の生き物を個人が勝手に捕獲し、飼育してもいいとなると、いっさいの歯止めがなくなって売買する人が出てきます。それが産業に発展して、絶滅のおそれのある状態にまでなってしまう危険性があるのです」

 3月初旬、飼育するスズメについて“真意”を聞くためにモトの自宅を訪ねると、本人が“熱弁”をふるってくれた。

「カラスに襲われているのを助けたんだよ。で、東京都の担当局に聞いたら、飼っちゃいけないんだと。でも、元気になっても自分でエサも取れない、飛ぶこともままならない。犬や猫にも寄っていくから、放した瞬間に死ぬのはわかっているじゃない」

 スズメを飼っていることをブログで公開したがために、それを見た誰かに通報されてしまったこともあったそう。通報により行政から連絡が来た際には、役所が示す対応策に疑問を感じたことも。

「“それは違法捕獲だ”と、法律上のことしか言わなかったんです。“職員が見ている前で放せ”と言うんだけど、それはイコール“殺せ”ということでしょ。

 俺としては、都の職員が“1か月預かります。野生に戻れるようにします”なら筋が通っている。でも、いま放せば死ぬのがわかっていて、“放しましょう”というのはおかしいでしょう」

 とはいえ、この件に関しては、行政の指導をもとに何らかの対応を考えているという。

「普段ブログを見ている人は俺のファンだから“スズメってこんなに可愛いんだね”“命って大事だね”とか書き込みをしていただいているんだけど……。こんなこと言っちゃいけないけれど(法律上は)正当なことを言う人の気持ちはねじ曲がっているなと思うけどね、俺は。だって、命だから。

 みんな焼き鳥屋に行けば鳥を食ってるんでしょ? そうしたら野鳥は飼っちゃいけないけど、食っていいのかいって思わない? 俺はもちろん憤りを感じているけど、法律だから、何とか対応しなきゃいけないなと思っています」

“法律には心が通っていない”と話す彼からは、とても複雑な心境が伝わってきた。

 一方で、モトとともにスズメを飼っている妻にも話を聞くと“意外な事実”が発覚。

「実は、ふたりとも鳥が大嫌いだったんです! もともと、主人はさわれもしないし、見るのも嫌なくらいで。でも、保護したときは死にそうで、助けなきゃいけないということで助けました。

 1時間半ごとに口を開けさせて、エサをあげなくちゃいけないのですが、当初はそれが怖くてできなかったんです」

 今後もモトの意向に従うという妻だが、人が変わったようにスズメを可愛がる夫に驚いているという。

「本当に人が変わりました。鳥にさわれなかった人が毎日なでなでして。今はカラスやハトを見ても“生きてるんだな……”と自然に言っています。今までは、車にフンをひっかけられて“汚いな”って怒っていたくらいなのに。

 しかも今では、“放してカラスに食べられちゃうくらいなら、自分で食べる”って言っていて、本当にビックリしちゃいました」

 どうやら“チュンちゃん”との共同生活で、鳥への価値観が明らかに変わったようだ。しかし、前出の葉山さんは、野生の生き物を専門家以外が飼うことに疑問を呈する。

「知識や技術がない人が野鳥を飼うと、鳥にもよくありません。飼育して数年たつと、栄養過多でぶくぶくに太ったり、羽が抜けたり、関節の病気になるなどの障害が出てしまうことが多いからです。

 野生の生き物は、野外で暮らして子孫を残すことがいちばんの幸せだと思うので、ケガをした生き物を保護し、飼育し続けることがいいことだとはいえないでしょう」

 スズメの命をいちばんに考える彼は、今後どんな決断を下すのだろうか。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180313-00011894-jprime-ent&p=2

スポンサーリンク


剛蔵
駄目なんだろうけど、これは悪意を持って飼おうとしたわけではないだろうよ。あらかじめに都にも相談してるわけだし違法違法って

モト冬樹
そんなこと言ったら全部「悪意」がなければ何してもいいってことになるよ
そもそも「悪意」ってなんだ?
本人の勝手な主張だろ?
そんな都合のいい主張で「悪意」がなければ何やってもいいんだったら
警察、法律
いらんよ。

モト冬樹
保護したらまずは病院連れていかない?
モトさんは病院にも連れていかずに自宅でずっと保護してるの?
病院に行けばそこから保護施設とか紹介したりするんじゃないのかな。
鳥が苦手なら尚更保護してから自宅で看るってまず無理なんだけど。

wfj
本当は「心の中」をこそ裁かないといけないのだけど、それが無理だから法で裁くしかない。

モト冬樹
モト冬樹の主張は凄く理解できるけど、やはり法律は守らなくてはいけない。素人なのだから一人で判断せず、法律家や専門の団体に相談した方がより賢明な意見が得られたと思う。

モト冬樹
これが許されるようになると野鳥のヒナを拾ったといって捕まえて飼いだす人が出てくるかもしれない
実際メジロやウグイスなどの可愛い鳥や綺麗な鳴き声の鳥はそういう人たちのせいでかなり数を減らした過去がある

モト冬樹
勝手に飼ってる人はいると思うよ。
公にするからこういう話になる

モト冬樹
こんなことにも目くじらたてなきゃいけないの?
ギスギスし過ぎな世の中だな。

モト冬樹
ヤフコメが「ギスギス」とかww
【本丸】じゃねえかwww

モト冬樹
悪意が無いのに悪へリードの記事
モトさんは悪くない

モト冬樹
悪意なければ法律破っていいものではないと思う
行政側がケースバイケースで認めたって話ならいい話だけど
通知来てるのに従わないのは良くないですよ
行政側もちゃんとした解決策を提示すべきですけどね

モト冬樹
いや、グレーなことだとわかっていたのにhブログに書き続けることが、問題だろう。
もし、モトブログに対して何もしなければ、黙認したことになるし。
伊予ちゃん事件と似てるかも。
保護したこと自体は、ほとんどの人が賛成するのでは?

モト冬樹
コメ主さんは記事を全文読みましたか?モトさんの主張もきちんと掲載し、一定の理解も示した上で問題点を提示しています。
モトさんの主張はもっともです。しかし都の担当者なんて所詮は模範解答通りのお役所仕事しかしません。問題なのは他の専門家の意見を聞いたりせず、開き直るかの様にブログを掲載し続けた事だと思います。

モト冬樹
モトは悪くない?
法律に反している事をして悪くないとどうして言える?
ダメなもんはダメなんだよ。
それでもスズメが可哀想だと思うんなら違う方法を考えればよかったんだよ。
可哀想なんて感情で法律をやぶって良いなんで法律はない。
法律は法律、守らないければ罰せられるべし。

モト冬樹
最近、あまりスズメを見なくなった気がする。
ケガして弱ってて保護しちゃダメなんて、おかしな法律にも感じる

モト冬樹
スズメの生息数は多いですが、かなり減ってきています。
1990年ごろから少なくとも半減とか、50年前の10分の1とか言われているようです。

モト冬樹
法律なんだろうけど、子供が傷付いて道端にいるのを見付けて『スズメさんが死んじゃう(泣)』って言って来た時に『助けちゃダメって決まりだからね』とは言いたくないし、何も見なかったふりしてその場を立ち去る事もしたくないわ。

モト冬樹
保護しちゃダメではなく、所有物にしてはダメ
エコとエゴの違い
スズメはかわいいから保護
カラスは憎いからエサを奪う

モト冬樹
保護したらダメって記事に書いてますよ。

モト冬樹
そうなると見た目で判断されますよ。
可愛らしい動物は保護されそうでない動物は保護されない。
主観が入るんですよ。

モト冬樹
大きな問題は一時保護することじゃないんじゃないでしょうか。怪我が治るまでなどならわかりますが、飼い続ける行為が生態系にとって良くないということだと思います。この1スズメちゃんの命をカラスから守ることより将来的に考えたら全スズメの野生生活の方が断然大事になってきます。残酷なようですが弱肉強食を経て強い遺伝子が残されていくもの。

モト冬樹
法律よりも情緒を優先させるとか、分別付かないガキじゃないんだしさあ。
つうか、そこまでして飼いたいなら普通は隠すよね。
これ見よがしにブログで飼ってることを宣伝するとか馬鹿じゃねえの。

モト冬樹
専門家なんかむかつくわ!
モトさん素晴らしいでいいじゃん。

モト冬樹
確かにモト冬樹さんの考えは素晴らしいけど、だからといって自分の考えだけで法律を破っていいものではないと思う
行政側がケースバイケースで認めたならいい話だけど
せめてブログとかであげなきゃいいのにね、、

モト冬樹
すばらしい….?
問題になってるのは、保護したことじゃないよ。もし、長々とブログで書き続けなければ、めでたしなのに。有名人なんだからよく考えてほしいわ。

モト冬樹
気持ちはわかるけれど、法治国家ですから。人間が飼育することにより新しいウィルスや病気にならないとも言えない。

モト冬樹
ケースバイケースなのだと思う。特にモト冬樹さんのような名の知れた方なら保護出来る金銭的な余裕もありますし。行政はイレギュラーを受け付けませんから逃がせというでしょう。

モト冬樹
たぶんそれはモトさんの都合であって、それ以外の何物でもない
確かに助ける慈愛の精神も必要であるが無軌道な助けは負の要因にもなりうるのでお控えいただきたい
それこそSNSを駆使してボランティアに連絡をつけると丸く収まるとおもうが…
情が移ってしまった子供みたいなことを仰るんですね

モト冬樹
ブログとかツイッターとか、なんでもかんでも出さなきゃいいのに。。いつも思う。なんで公表しちゃうの??

モト冬樹
それは言えたと思う。
都に連絡して措置を仰ぐなら、晒すべきではない

モト冬樹
それにつきる!
なぜ、グレーっぽいとわかってるのに書き続けるのか?


道理は間違っていないのかもしれないけれど、それをSNSなんかで晒しちゃったのがいけないのかな~。
違法だってわかった時点でこっそり飼ってればこんなに問題にもならなかったのかも。
知り合いに保護した野鳥を動物病院に持って行ったら
「人間が1度触った幼鳥は親が迎えには来ないから、あなたが責任もって飼いなさい」と言われ寿命まで大事に育てた人いますよ
お役所は「駄目なものは駄目」としか言わないもの

モト冬樹
俺なら黙って保護するけどね。
まあ有名人だから問題提起として
アップしたい気持ちもわかるけど。
とりあえず回復したら逃がしてあげる
しかないかもしれませんが。
人の飼育から野生に帰化して元気に
やってる雀さんもいるみたいなので

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!